2017年01月18日

言葉ひとつとっても。

この冬シーズンのスポーツ種目といえば、

「なわとび」です。

1


今週も、お世話になっている芸術学園幼稚園さんにてスポーツマックス教室。

簡単に跳べる子と難しい子の違いは、

技術よりも、

体の使い方。




自分の体をしっかりコントロールできると、

結果として、

なわとびや跳び箱なんかも跳べてきます。




我々スポーツマックスが幼少期に大切にしているのは、

「技術」よりも、

この「体の使い方」




体の使い方を知ると、いろんな動きに応用が効いてきます。




そして、レッスン毎に試行錯誤しているのが、

伝え方。



言葉ひとつとっても、

ジャンプすることを「ピョン!」で伝わる幼児もいれば、

そのまま「ジャンプ!」で伝わる幼児もいたりで、

一瞬一瞬気をぬくことは出来ません。

2


そこに完璧な答えはありません。




ゆえに深くてやり甲斐を感じています。



でね、跳べ出すと「先生見て見て!跳べた!」と最高の笑顔で声をかけてくるんですね。

この笑顔のために、我々のおこなっていることに意義を感じております。



これからも「スポーツで子どもたちを元気にする」を理念に精進していきたいと思います。






高知ブログランキングに参加していますので、よかったら、クリックお願いします↓

rogo2


高知人気ブログランキング参加中!



Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字