2013年10月10日

「諦めるな!」と自信をもって言えますか?

「諦めるな!」と自信をもって言えますか?





一昨日の話。



矢野さんと一緒にバイクトレーニング。

競輪場につくと、

IMG_4507


速すぎて、写真もブレるわ(笑)




ガンガン練習してました。




なんとかピントを合わせてみました。

IMG_4506


速いんだ、とにかく。

で、もうすぐ70周終わるから、もうちょっと待ってて!

と、普通に70周って・・・

しかも、このスピードで70周かよ。






そして、練習スタートです。

1周交代で、引っ張ります(ふたりでおこなうので、前で走ると風の抵抗をうけてしんどい・・・笑。逆にうしろのひとは、風の抵抗を受けないので、半分くらいの力で進めるということ)。

徐々にスピードあげてくよ!

なんて言いながら、気がつけば、自分の中では、MAXスピードよ(笑)






とにかく矢野さんの、ピンクバイクについていくのみ。






日頃、レッスンで子どもたちに、

「最後まで頑張れ!」

とか、

「諦めるな!」

と、いう言葉を使います。






頑張れ、諦めるな、ってどういうことよ?

辞書で調べてみると、

諦めるとは、もう希望や見込みがないと思ってやめる。断念する。






薄っぺらい言葉で伝えてもきっと伝わらない。






自転車に乗るようになって、まだ1ヶ月も経っていませんが、

気持ちが切れた時点で終わり。

棒高跳び時代もそうだった。

しんどい練習の方が多く、諦めた時点で終わり。






最近は、このような思いをすることがあんまりなかった。

だから、一昨日の矢野さんのピンクバイクに置いていかれそうになったとき、

それはそれは、しんどいわけで、







「ここからが頑張るということ、ここからが諦めないこと」







さて、ここからが勝負やで!

と、自分に言い聞かせました。

言葉では薄っぺらくても、

自分で経験することで、

そこに重みが加わり、伝えることができる。








普段、子どもたちや、娘たちに、

「頑張れ!諦めるな!」

と、いう言葉を使っている以上、

自分が、

「頑張ること、諦めないこと」

を経験することが大切だと、この練習であらためて感じた。







ここで諦めたら、楽になれる。

でもね、そんなことは一度も思わなかったなぁ。

ただただ、自分のプライドのために。









面白いものでね、

ピンクバイクの視界がどんどん狭くなってくるのよ。

そうなると、ほんと自分の限界との戦い。

こんな戦いが大好き。









トライアスロンに出るために始めたバイク練習。

しかし、それ以上に学ぶことがたくさんある。

これだから、スポーツはやめられない。









皆さんも、諦めるな、頑張れ!

と、口に出す前に、

自分で一度、限界を乗り越える体験をしてみてはいかがでしょうか?







それにしても、一昨日は、台風が来るとかで、

強風の中、そして時折、大雨の中、

よく走りました。

IMG_4505








「諦めるな!」と、もっともっと自信をもって言えるように、

ピンクバイクを追いかけたいと思います。

次は、もっとくらいつきますよ。










高知ブログランキングに参加していますので、よかったら、クリックお願いします↓

rogo2


高知人気ブログランキング参加中!

スポーツマックス松山さわやかブログは、こちら



Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by TT   2013年10月11日 13:14

頑張ってますね〜。

確かに追い込んでいくと視界が狭くなってきますが、まだ初心者なのにそこまでいくとはすごいですね(^^;

気構えも僕らとは違い頭が下がります。

で、刺激を受けて僕も本格的に再始動しました(^-^)

またよろしくお願いします。
2. Posted by ひで   2013年10月12日 01:33
◆TTさん

>確かに追い込んでいくと視界が狭くなってきますが、まだ初心者なのにそこまでいくとはすごいですね(^^;

いやいや、もう離されないようにと必死でしたからね。

>気構えも僕らとは違い頭が下がります。
で、刺激を受けて僕も本格的に再始動しました(^-^)

ぜひ、引っ張ってください(笑)
また、練習よろしくお願いします!

コメントする

名前
 
  絵文字