2012年06月19日

男児は、プラモデルを作るべし。

◆スポーツマックス夏のイベント!

その1.6月27日(水)親子運動あそびとたいせつな靴のおはなし(8ヶ月くらいの親子)
その2.7月1日(日)ビーチフラッグ選手権!(ヤシィパーク、当日受付)
その3.7月15日(日)ナンカール夏祭り親コスケ大会!(天下味南国店、詳細後日!)
その4.7月29日(日)奈半利町ちびっこトライアスロン!(小学生)
その5.夏休み短期スポーツ教室!
その6.夏休み短期スイミング教室!

詳細と申し込みは、こちら。



自分が小学生の頃は、ガンプラ?(ガンダムのプラモデルね)やら、バイクや、まぁ、一番作っていたのは、車のプラモデルだったな。

ま、とにかくプラモを作りまくってた。

タミヤも静岡にあったしな。


小学6年生になると、プラコン(と、地元静岡では言ってたな。そう、プラモデルのラジコン、略してプラコン)で遊びまくってた。

プラコンは、全部そろえると、5万円くらいしたかなぁ、小学6年生でその金額は大金も大金だったので、

週末は、おじいちゃんの家にいって、山の手伝いをして、小遣いを貯めて、8か月後に買ったものだ。








で、

男児、プラモデルを作るべし。




とはね、これまた松山ネタだんですが、オフィスを一柳と一緒に作っていたわけですが、

同じものを作るときに、いかに効率よく作るかとか考えるのね。

例えば、これを

IMG_6558


こうなって、

IMG_6561


こんなにたくさん作るのに、いかに効率良くか、とね。

IMG_6560






あと、ここには付けることが難しいものを、

いかに駆使して、付けるか、などなど・・・

一瞬不可能だと思われることを可能にしていくわけです。




そうするとね、

プラモ作っていた時のように、完成をイメージするのよ。

「あっ、ここはこうなって、こうなるから、こういう姿になるんだな」とかね。



となると、何パターンも発想が浮かんでくるわけね。

それにより、付くはずがないものが、付いてしまったりして、形になっていくわけ。






こういうのって、今の時代に大切な「考える力」が大切。

ふと気づいたんですね。

あっ、これってプラモ作ったりすることにも似てるんじゃね!?ってね。





プラコン(ラジコンね)作っていると、ダンパーにオイルを入れたりして(しかも、天候によってオイルを変えたりね)いると、自然と車の構造を知ることもできる。







勉強も確かに大事ですがね、

このような「考える力」を育むには、プラモデルがおすすめよ!




と、松山オフィスを作りながら思いました(笑)










久々に、なんか作ってみよかなぁ〜。









高知ブログランキングに参加していますので、よかったら、クリックお願いします↓

rogo2


高知人気ブログランキング参加中!

Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字