2011年04月20日

何のために働くのか!?

社内で、月曜日から本日水曜日の午前中は、社内研修をしていました。


今回は、原田メソッドを社内で共有です。


原田メソッド認定講師だからね、スズキは。


この3日間で作成したのは、長期目的・目標設定シート。



目的は、ゴール。
目標は、それまでの道しるべ。

Maxでいう目的は、経営理念である「スポーツで高知を元気にする」

そこから、各々目標を設定していきます。



目標を達成するには、原田メソッドでは3つの項目で作成していきます。

1.目標設定(自分にとって有形なもの、無形なもの。社会、他者にとって有形なもの、無形なもの)
2.自己分析(成功体験、失敗体験を徹底的に分析し、成功する習慣を身につける)
3.行動計画(日々のルーティン作業と期日行動計画を作り、より目標クリアに近づける)

原田メソッドでいう成功とは、自分にとって価値のあるものを期日を決め、その期日までに達成すること。

今まで目標は立てていても、それをクリアするプロセスというのは、アバウトであった。
しかし、この自己分析、行動計画をきちんと立てることで、何をしたら良いのか見えてくる。
それを実行すると自ずと“成功”が手に入る。



しかし、大切なのは目標の設定の仕方。



そこで、社内で議論されたのが、

「何のために働くのか?」

5880



これは、永遠のテーマだろう。




自分が起業した5年前は、もちろん自分のためでした。

生活するうえでお金を稼がないといけない。

そのためには、良いレッスンをしなければいけない。

良いレッスンができれば、お客様も増えてくる。

それと同時に、子どもたちの“出来た!”を目の前で見ると感動し、モチベーションもあがる。

もっともっと、子どもたちを笑顔にしたい!と思えてくる。

そのためには、もっともっと勉強し、もっと良いレッスンをする。

一生懸命やっていると、お客様も増えてくる。

そして、いつの間にかスポーツマックスが動けば、必ず子どもたちは元気になる。





何のために、働くのか?



自分のため?

ひとのため?




原田メソッドの講師森行先生が、以前、茂木健一郎さんに、ひとつのことを聞きました。


「世の中の成功者の共通点は?」と。




そうすると、ひとこと、

「ひとのために働いている」

という回答だったようです。








自分の見解は、こうです。

最初の一歩は、自分のため。

しかし、自分のために動くことが、ひとのためになり、

ひとのためになることが、自分のためになり・・・

この繰り返しなんだと。




“ひとのため”だけに、でもそれだけで食べていけるほど、世の中甘くはありません。





自分ひとりでは、動ける範囲は決まっている。

いまは、社員に助けられ、社員と協力し、そして、お客様に助けられ、まわりのひとからも助けられ、Maxの仕事ができている。




何のために働くのか?

これは、ひとの価値観によって全く違うと思います。





「自分のために働くことで、ひとのためになり、ひとのために働くことで、自分のためにもなる」

いまは、これが自分の答えです。





みなさん、どうですか?







高知ブログランキングに参加していますので、よかったら、クリックお願いします↓

blog

高知人気ブログランキング参加中!

Comments(12)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by なべ   2011年04月20日 21:49
どういう意見があるにせよ、結論は自分のため意外ありえない。

ただ、いろんな楽しみかたがあるからね。
2. Posted by ひで   2011年04月21日 09:11
◆なべちゃん
>どういう意見があるにせよ、結論は自分のため意外ありえない。

そよね。
自分がいて、初めて成立するわけだしね!

>ただ、いろんな楽しみかたがあるからね。

なべちゃんは、楽しみすぎよ!
でも、それが羨ましかったりもする。
また、遊ぼうね!
3. Posted by しんちゃん   2011年04月21日 09:47
良いテーマの社内研修ですね!
富を手にする「ただひとつ」の法則にも「人間の最大の幸福は、愛する人に利益をもたらすこと。幸せな人や成功している人は、大好きなお客さんを喜ばせる名誉ある活動として、仕事をとらえています。」とあります。100年以上も前に書かれた書籍ですが、その通りだと思いました!
4. Posted by メイ・ネオのパパ   2011年04月21日 12:10
俺は自分の為でもあるし、家族の為でもあるな。

今の仕事は好きだから、やはり自分の為に頑張っています。
お金がなければ家族を養っていけないから家族の為にも頑張っています。
5. Posted by ぶっちゃん   2011年04月21日 21:48
はじめまして!
ぶっちゃんと申します。
ローヒーの相方でございます。

幡多で農業高校の
教師をしよります。

昨年、原田隆史先生の
「憧れ先生プロジェクト」にも
参加しました。
原田メソッド、気になりますね〜


「なんのために働くか?」

それこそ、最近授業でも
生徒によく投げかけるのですが、

ぼくの仕事に対する考えは、

「人の役に立つために仕事をする」

です。

もちろん、自分たちが

生活していくためでもありますが、


ようは、仕事に対する考え方やと思います。


人って、人のためになにかを

している時が一番いきいきしてますよね。


特にぼくたちのような仕事はなおさらです。

「こなす」仕事ではありませんよね。

この子のためにこうしたい、

こうしてあげたい、

これが根っこにあります。


どんな仕事にも、それが言えると思います。

どうすればお客様が喜んでくださるだろう、

どうしたら驚きと感動を与えられるだろう、



仕事をしてたら、

辛い仕事も苦じゃないですよね。


ということで、

ぼくは、

「人の役に立つための仕事」を

ずーっと続けていきたいです。

だらだらとすいません、ぺこり。


6. Posted by ひで   2011年04月22日 10:28
◆しんちゃんさん。
>良いテーマの社内研修ですね!

自分も含め、みんなで話し合うといろいろな意見が出てくるので、勉強になります。

>「人間の最大の幸福は、愛する人に利益をもたらすこと。幸せな人や成功している人は、大好きなお客さんを喜ばせる名誉ある活動として、仕事をとらえています。」とあります。100年以上も前に書かれた書籍ですが、その通りだと思いました!

へぇ、100年以上も前に書かれていたのですね。
時は経っても、根本的な幸せは変わらないんですね。
これまた勉強になりました!
ありがとうございます!
7. Posted by ひで   2011年04月22日 10:41
◆メイ・ネオのパパ
>俺は自分の為でもあるし、家族の為でもあるな。

おっ、らしいね!

>今の仕事は好きだから、やはり自分の為に頑張っています。
お金がなければ家族を養っていけないから家族の為にも頑張っています。

そやね。
好き!ってのは、いいことだ。
8割は、自分の好きな仕事に就けないというデータもあるようです。
だから、好きな仕事が出来ることは幸せなことだ!
8. Posted by ひで   2011年04月22日 10:49
◆ぶっちゃんさん
コメントありがとうございます!

>ローヒーの相方でございます。

おっ、なるほどなるほど。
ローヒーさんの上に住んでおります(笑)

>昨年、原田隆史先生の
「憧れ先生プロジェクト」にも参加しました。
原田メソッド、気になりますね〜

へぇ、そうなんですねぇ。
だいぶ熱かったでしょ!?

>「なんのために働くか?」
「人の役に立つために仕事をする」
人って、人のためになにかを
している時が一番いきいきしてますよね。

それわかります。
相手を喜ばすために頑張って、成果がでると本当に嬉しいですよね。感動もたっぷりですし。

>「こなす」仕事ではありませんよね。
この子のためにこうしたい、
こうしてあげたい、
これが根っこにあります。

ぜひぜひ、これからも高知の未来を担う子どもたちに、“何のために働くの?”と問いかけてあげてください。

これからも、よろしくお願いいたしますm(__)m
9. Posted by やま   2011年04月22日 21:07
たまに見させてもらってます。
みんな円の為に働いていて、他人資本で自己資本を増やせばいいだけの単純作業です。
お金からモノに買えてお金に戻すというシンプルなやり方、それを早く回すだけですね。
タイムイズマネーって感じです。
物事はデジタルの仕組みゼロと1の世界で落として行けば、出来るか出来ないかが見極めつきます。
10. Posted by ひで   2011年04月23日 09:50
◆やまさん
コメントありがとうございます。

>タイムイズマネーって感じです。

世の中、意外にシンプルかもしれませんね。
それと、タイムイズマネー、日々実感しております。
計画を立てているつもりでも、なかなかそれを実行できない・・・(汗)
11. Posted by やま   2011年04月23日 15:46
計画通りにはなかなかいかないものです。
無理にやると無理がきます。
何をやるにしてもリスクはつきもので、事が起きたらそれを回避するにはどうしたらいいかという時間の使い方が必要だと私は思います。
私の知り合いに年収が数億円の人が回りにいます。話を聞いてるとゲーム感覚でお金を動かしてます。
経済は人が動かしてますし、又人が集まるとこにお金が集まります。
自分の時給がいくらなのか、どこにお金を使うことで対価があるのかを考えることで結果が出てくると思います。
お金ばかりの話になりますが、お金がないと生活が出来ない世の中です。
私はコンサル業務をやっていて立ち上げたばかりの会社を倍の売上をお手伝いさせて頂いた実績があります。
やり方次第ですね。
12. Posted by ひで   2011年04月23日 23:55
◆やまさん
>何をやるにしてもリスクはつきもので、事が起きたらそれを回避するにはどうしたらいいかという時間の使い方が必要だと私は思います。

そうですね、常にリスクなどを考えての動きが大切ですね。
特に我々は、子どもたちと接することが多いので、事故やケガなどには気を遣いますし。

コメントする

名前
 
  絵文字