2009年01月21日

謎の4人組Maxに来たる。

先日、謎の4人組がMaxに来ました。

1944








あっ、別に悪さしてるからじゃないっすよ、ぼかしてるのは。









ということで、謎の4人組は写真から見て分かるように小学6年生4人組。








先日一本の電話がありました。







「○○小学校ですが、学校で陸上選手について研究しているものがあって、質問したいのですが、そっちに行っていいですか?」と。










もちろん「OK!」









で、質問内容は、こちら。

1945




調べること。

(さて、答えましょう。が、この小学生たちは、陸上選手として食べていく、という想定での質問。鈴木は、民間企業で働きながら、棒高跳びをしていたので、ぶっちゃけこの質問には当てはまらない部分もありましたが、そこはおとなな対応を。)

Q1.食事制限はあるのか

A.ないっ!


Q2.毎日何時間練習しているのか

A.集中力が持続する2時間っ!


Q3.どうやってなれるか?

A.努力です。

  (実際、陸上競技で食べていくのは難しい。基本的には、実業団という選択ではあるが、一般種目:短距離、跳躍、棒高跳びなどね、は難しく、やはり駅伝・マラソン人気で長距離選手は比較的入りやすい。入りやすいといっても、当然全国で戦えるレベルです。ただ、実業団に入ったからといって、ずっと食べていける保証はない。結果がでなければ、すぐに切られます。まぁ、勝負の世界なので当然です。)

Q4.競技はどれくらい種類があるか?

A.これは難しい質問だ。たくさんあります・・・とりあえず。


Q5.収入はどれくらいか?

A.おとなの世界なので秘密
(実際の実業団の給料は、どうなんやろうか。自分が大学を卒業して1年だけいた実業団は、大卒の平均より、ちょっぴり良かったくらいです。一般種目では、日本一になったからといって、めちゃめちゃもらえるわけではありません。もちろん、オリンピックレベルであったら話は別ですが。長距離は、大企業ではなかなかもらっているひともいます。もちろん、レースの結果によりますが。Maxの収入は・・・秘密でつ)

Q6.ライバルはいるのか?

A.自分自身です。
(ほんと、やっぱりここですね。)


Q7.体力を維持する方法は何か?

A.オレはさわやかだ!と自分自身に言い聞かせる。
(28歳くらいから、体の変化を感じた。原因がわからないケガが多くなったのもこの頃。選手生命を長くするには、全ての動きの基本が大切になります。年をとればとるほど、基本の大切さを痛感します)

Q8.挫折したときの気持ち

A.そりゃぁ、大変です。が、諦めない限り、挑戦はできます。








ということで、質問用紙に書いていることを、淡々と読み上げて、5分くらいで終わった。










えっ!?それで終わり???









せっかくMaxに足を運んでくれたので、素敵な話をプレゼントしました。











でも、嬉しいですね。

質問の意図が???なものもありましたが、小学生が陸上に興味を示してくれ、足を運んでくれたことが。











将来は、陸上選手になりたいとのこと。











よし、君たちがおとなになって、全国で活躍できるようになったら、Maxで雇ってあげよう!








10年後。

って、その頃オレは、45歳。










まだその歳になっても、さわやかモード全開で頑張ってる!(はずだ)









また、遊びに来てね。未来のMaxたち。









っていうかさぁ、見に行きたいわ、研究発表を!









よかったら押してください→ブログランキング

Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あじ。   2009年01月22日 13:33
久々にお邪魔して真面目に受け答えなさっているであろう、ひでさんの姿を想像していたのですがQ7の回答で爆笑してしまいました〜(^◇^)
なるほど。
例えピンクMaxと言われようとも、あくまで「さわやか路線で。」ですね♪(笑)
45歳を過ぎたってひでさんなら大丈夫でしょう♪
2. Posted by ひで   2009年01月22日 22:12
◆あじ。さん
>例えピンクMaxと言われようとも、あくまで「さわやか路線で。」ですね♪(笑)

ピンクと言われようが、
ブラックと言われようが、
さわやかを貫きまつ。

>45歳を過ぎたってひでさんなら大丈夫でしょう♪

その辺りから、年齢を詐称しまつ(笑)
ですので、自分もメンズで鍛えまつ(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字