2008年10月12日

学校支援地域本部事業始まる。

今日から、文部科学省「学校支援地域本部事業」〜地域ぐるみで学校運営を支援〜が始まりました。

簡単に説明すると、地域の教育力の低下や、教員一人一人の勤務負担増加に対応するっため地域のひとたちが、学校を支援していこうと取り組み。基本的には、ボランティア事業です。

Maxがおこなうのは、そのボランティアのひとたちに、スポーツ指導の分野で助言などを有償でおこなう、外部の専門人材派遣というポジション。

ボランティアのひとたちと言っても、多くは保護者。
つまり、保護者のひとに指導方法を伝授して、こどもたちに指導する、という感じ。

よくブログに書いていますが、こどもたちの能力を伸ばすには、こどもたちに伝えるよりも、おとなのひとに伝えたほうが広がり度は間違いなく大きい。

ですので、保護者の方が隣で見ている運動教室、または一緒におこなう運動教室は大好き。


毎回テーマを変えていきますが、今回は約20名のこどもからおとなの方まで集まってくれました。

1457


まずは、ジャンケン遊び(=運動)
このジャンケン反射神経アップします。

1458


くも歩きですが、これもジャンケン遊び運動。
これをおこなうと、体の使い方、背中の筋力、おとなの女性にとっては嬉しい二の腕の引き締めにつながります(笑)

1459


これは、体を大きく使えるように練習中。
保護者の方も、一生懸命取り組んでくれました(笑)

1460



この事業は、ある意味、自分が目指していた形に近いのかもしれない。

上に書いたように、ひとりでも多くのおとなが体験することで、必ず

「体を動かすことは楽しい!」

と感じることができるはず。それをこどもと一緒に楽しんでもらう。ただそれだけ。


そのただそれだけが、こどもたちを伸ばす大切なことだと思っています。





あっ、ちなみに今回の事業は南国市さんです。





さて、これから地域の方、こどもたちの成長が楽しみだっ!





よかったら押してください→ブログランキング

Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たいあい   2008年10月13日 15:35
体育の日の13日、コスケに参加させていただいたものです。
130人オーバー、すごい人気でしたね!
うちの兄妹も、なんとか赤いボタンに手がとどき、証明書をいただいて大喜びでした。
長野誠をリスペクトするサスケマニアの長男は「もう一度やりたい!」「2ndステージはないの?」と大興奮。
大規模なコスケが開催されたら、野球(の練習)を休んででも出席したい!と入れ込んでおります。
体育の日にぴったりの楽しいイベント、ありがとうございました。
次回も家族で心待ちにしております♪
2. Posted by ひで   2008年10月13日 22:39
■たいあいさん
本日は、ご参加いただき、ありがとうございました。

いつもは、もう少しゆっくりな感じですが、バタバタコスケですみませんでした。

>大規模なコスケが開催されたら、野球(の練習)を休んででも出席したい!と入れ込んでおります。

いいんです、いいんです。たまには、野球の練習をさぼって、コスケに参加してくださって(笑)

ブログで公開していきますので、また挑戦してください!

コメントする

名前
 
  絵文字