2008年09月13日

伊豆の国市2日目!

今日は、伊豆の国市での運動教室2日目。

今日は朝から、フル稼働!

まず1クラス目は、体育指導員さんたちを対象におこないました。

1334


各スポーツの技術ではなく、技術を形に変えるのに大切な、

『体の使い方』をおこないました。

みなさん、こども心になって!?楽しんでもらえたはず。
まず、自分で楽しいことを体感してもらうことが、一番説得力がある。

バランス運動など、がっつりおこないました。

1335



そして、2クラス目は、親子38組。
1337



こちらも、なかなか良い感じで盛り上がりました。

「ひろみち兄さんより、良かった!」

という声が、参加者の中からあったようです。
(自分で言ったわけちゃうで。あくまでも感想ですぜ)


そして、今日のハードな体を救ってくれたのがこれ。

1336


チョコ。しかも、ビター味。

甘いもの食べます。
っていうか、体を動かしたあとは、体が甘いものを欲するわけで(笑)

この微妙な甘さが、疲れを吹き飛ばしてくれます。
疲れたときには、糖分をとりませう。


3クラス目は、小学校低学年38名。

1338


え〜、ぶっちゃけピークは、開始45分後にやってきました。
(1教室90分ね)

今日の伊豆は、なかなか暑く、体育館の中も昼過ぎはいい感じで熱せられてきました。

それで、人数が多かったので、声を出す&ハードに動くで、一瞬クラッ・・・ときました。

が、そこは若さでカバー(笑)


たっぷり走っておきました。
1340


それにしても、低学年なのに、よく90分も頑張ってくれました!

1341


そして本日最後は、小学校高学年。

1342


ここまでこなすと、なかなかハードになり、いろんな意味でテンション上がってきます(笑)



そして、無事に終了。


関係者との反省会!?でも多くのことを語りました。


嬉しかったのは、皆さんがMaxのコンセプトを理解されているということ。



いろいろなスポーツの技術を教えることはそんなに難しくない。
教えた技術が出来るか出来ないかは、小さい頃にいかに、

『体の使い方を理解しているか』

ということ。

まさに今回の運動教室はここ。

技術ではなく、技術を形に変えるために一番大切な、『体の使い方』



これは、形に見えにくいのかもしれないけど、小さい頃にはとても大切なこと。


今の時代、親御さんが熱心になりすぎて、ひとつのスポーツに一生懸命になりすぎてしまう。小学生時代に頑張りすぎちゃうと、燃え尽き症候群や、壁にぶつかったときに、乗り切れないというお子さんも出てきてしまいます。

例えば、野球をやっていても、サッカー系の運動をしてみるとか、逆立ちをしてみるとか、そのような、体全身を使った運動が大切。




Maxの運動教室では、誰も真似をすることのできない、

『体の使い方』

を伝授します。



真似できないのに伝授って・・・



興味のある方はぜひ、伊豆の国市まで足をお運び下さい。



明日も運動教室頑張っちゃいます!




よかったら押してください→ブログランキング


Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字