2007年09月21日

教育とは。

さて、今日も行ってきました。

秦中央保育園の園内研修。

688今回は、公開研修ということで、地域の方や、小学校、市内外の幼稚園、保育園の方々、総勢50名超の方が来られました。

そのおかげで(上から4枚目の写真。分かりづれぇ〜、こんな感じで50名の方が、各クラスを観察してるわけです)、保育をおこなう先生方は、神経的にも疲れたことだと思います。自分は、相変わらず午前中は、その様子を見ているだけですので、特に疲れませんが・・・。

でも、この秦中央保育園さんは、昨年から何度も運動教室や講師などを努めさせてもらっていますので、嬉しいことにその運動遊びをおこなってくれていました。

昨日のブログに書いたように、こういった“教育”に答えはないと思いますが、いまの自分の知識や経験で得たものは伝えてきました。それが少しでも成果となっているのは、本当に嬉しいことです。

もちろん、それは私ではなく園長先生はじめ、他の先生方の日々の努力の賜物なわけです。

例えば、上から3枚目の写真。
すごくねぇ!?
かなり高いところからジャンプして飛び降りています。
これを見た園外の先生は、やはり驚くわけです。そりゃぁ、自分の身長よりも高い場所から、ガンガンジャンプしているわけですから。

こういった動きはまさに、昨日今日の運動でできるわけがありません。日々の積み重ねです。

(もちろん高いところからジャンプすることを奨励しているわけではありません)。


そして、各クラスの視察が終わり、次は、園外の方への講演(と言うほどではありませんが、下から2枚目の写真。っていうか、50名もいるので、大変・・・)。

保育に関しては、みなさんのほうが断然プロです。しかし、体つくりや、こどもの意欲を導き出したり、こどもの可能性を導き出すのは、負けません。

そして、熱さも負けません(笑)。

でも、さすがに疲れますね。話をするのは。いつものように体を動かしているほうが、やっぱりあっています(笑)。


そして、最後は園内研修(一番下の写真)。みなさん、公開授業が終わり、“ほっ”としていました(自分もだったりして)。

やはりみなさん、プライドをもって、一生懸命でした。その姿が、こどもたちに伝わっていると思います。こどもたちが、とても落ち着いているので。



今回2日連続という、自分にとってある意味強行な研修でした。

いままでの過去を振り返るとともに、勉強もしました。


Maxのコンセプトでもありますが、答えを教えることや、手を差し伸べることは、とても簡単。しかし、自分にとって教育というものは、




「そのこどもの可能性を引き出すこと」




だと思います。

難しく考えれば難しく、簡単に考えれば意外に簡単かもしれませんね。

それにしても、保育士のみなさんは、息をつく間もない、改めて大変なお仕事だと思いました。お疲れ様でした!!



よかったら押してください→ブログランキング

Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あじ。   2007年09月22日 10:11
すっ、スゴイです(驚)3枚目の写真。

自分が子供の頃は、毎日のように山を駆け巡り
塀の上から道路に飛び降りたり、よじ登ったり等の遊びは当たり前だったのですが・・・。

やっぱり日々の積み重ねが、運動能力の向上に必要な事なんですよね。
2. Posted by ひで   2007年09月22日 14:55
>すっ、スゴイです(驚)3枚目の写真。
でしょ!
が、しかし、あじ。さんが言うように、昔は自然で遊びまくりでしたので、あの高さで驚くことはありませんでしたよね。

が、いつの間にか、スゴイ!になってきてしまいました。やっぱり自然遊びが一番ですよね。

コメントする

名前
 
  絵文字