2006年10月15日

すごくいい宮崎!

よく考えると20時間の滞在でした、宮崎。
いろんな意味でよかった宮崎。
無事に終わった、スポーツゲームズin宮崎。

386

mip(ミップ)スポーツプロジェクトの詳細は、リンクを読んで下さい。

この活動は、こどもたちにとってすごく貴重なことで、すごく大切なこと。

スポーツラリーといって、40分を1種目で計3種目のスポーツを経験できます。普段経験したことのない、スポーツを教えてもらえる。それにより、こどもたち(小学生)の視野はまちがなく広がる。

1グループ30人くらいで、合計300人だっけ!?いたんだと思います。自分が担当した陸上競技のほか、サッカー、テニス、ソフトテニス、ハンドボール、バスケ、バレーの中から選ぶことができ、講師は元日本代表のひとばかりで、その技術を間近でみれるだけでも、貴重な経験だと思います。

と、いうことで40分しかないので、前半の15分くらいは「速く走るコツを」後半の25分くらいは、「棒高跳びに挑戦!」してもらいました。

まずは自分が軽く跳んでみせて棒高跳びってこんな感じ!と視覚的に説明。で、あとは空中にいる感覚=飛んでいる感覚を味わってもらうために、写真のようにマット上から、ポール(棒)にぶら下がってバーをクリアするまでおこなってみました。

マットを積み重ねているので、高さにして1m50くらいかな。実際、この上に乗ってみると意外に高く感じる。怖いというこどもたちを、だましだまし!?飛ばせてみました。

小学生は、男の子より女の子のほうが確実に度胸がありました。
男の子は、けっこうびびってました(笑)。

同じ陸上競技でも、いろんな種目があり、特に棒高跳びというのは、めったにやる機会がないので、とにかく今回は体験してもらおうという気持ちでプログラムをつくりました。

とにかくみんな、


「もっとやりたい!楽しい!!」


と、言ってくれたことが嬉しかった。


心の隅っこに、「パパ(ママ)も小学生のころ、棒高跳びしたことあるんだよねぇ〜」なんておとなになっても、持ち続けてくれたら嬉しいですね。

ドリームメーカー的に、“夢”へのきっかけ作りができたかな、と思えた1日でした。


それにしても、このプロジェクトはほんとにいい企画。今回、講師として参加しましたが、他のスポーツの方々と多く話ができ、ほんとに勉強になりました。

こども、特に小学生にとっても、この時期にいろんなスポーツを体験することは、成長過程でとってもとっても大切なこと。ひとつのスポーツを極める上でも、この時期はいろんなことに挑戦することが望ましい。

そして、宮崎のひとたちも温かかった。


滞在時間20時間と、あっ、という間でしたが、時間以上に多くのことを感じ、多くのこと学べた貴重な時間でした。


よかったら押してください→ブログランキング



Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by CELICA   2006年10月16日 10:19
普段経験したことのない、スポーツを教えてもらえる...

すごくいい事だと思います!!!
棒高跳びは学校の授業じゃぁ教えてくれませんものね...(最近はどうかは分かりませんが...)

ワタクシの通っていた高校にも陸上部があり 棒高跳びの選手もいましたが...
“私もやりたい!!!”と志願したのですが...女子は危ないから...と言う理由でさせてもらえませんでした...^^;

やっぱり 何でもチャレンジできる環境が必要ですよね!!! なかなか 難しい事だとは思いますが...

子供達がいろんなスポーツに興味を持って それを志す子がドンドン現れるといいですね!!!
2. Posted by ひで   2006年10月18日 00:01
ほんとによかったですよ、これ。
むしろ、おとなバージョンもあったら楽しいですね。
確かに、棒高跳びって危険なイメージがありますが、基本をしっかりやっていれば大丈夫!今からでも遅くないかも!?

コメントする

名前
 
  絵文字