2006年05月30日

日曜日はこれを見てきました。

ピースカフェでのトークライブは、6/3(土)15:30〜17:00。
1ドリンク付で500円ですので、ぜひ気軽に足を運んでください。

おとといの日曜日はここにいました↓

257

春野陸上競技場で、障害者スポーツ大会を見に行ってきました。Maxをはじめる前、日高養護学校で2年間講師をしていたので、応援も含め子どもたちに会ってきました。

ここの子どもたちは、すんごい元気にあいさつしてくれます(いま、あいさつもろくにできない子どもが増えてるからね)。だから、気持ちがよかった。2年前、この学校で、この子どもたちと一緒に汗を流していたことが、なんだか不思議に感じました。


「スズキ先生は今どこの学校にいるの?」とか、

「早く日高に帰ってきて」と言われました(一応、ホントに言われました、笑)。

で、

「スズキ先生は、学校の先生を辞めて、今はスポーツをみんなに教えてるんよ」

と言ったものの、なぜか複雑な気持ちがした。子どもたちにとって、自分はいつまでもスズキ先生なわけで、実は待っている子どもたちもいたのかな、って。

「また学校に遊びに行くね!」

とひとこと付け加えました。


たった2年間でしたが、この日高養護学校で学んだことは本当にたくさんある。いまのMaxがあるのも、ここで出会ったたくさんの子どもたちのおかげだと思います。

一生懸命走る子どもたちを見て、

「オレももっと頑張ろう」

と思った。負けねぇぞ〜!


押してくれたら一票は入ります。よろしくです→ブログランキング






Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by メイ・ネオのパパ   2006年05月31日 09:43
国体やオリンピック,その他の大会ってどうして健常者と障害者を分けるのかなぁ〜。
日程とかいろんな理由があると思うけど、なんか寂しいよね。
って個人的な考えだけど...。

子供達にとってはいつまでもスズキ先生なんじゃないの?
スポーツを通して、マナーとかいろんなことを教えてあげられる経験がひでさんにはあると思うので、これからも頑張って!

↑チョット真面目に書きすぎた。
2. Posted by ひで   2006年05月31日 23:15
確かに現実は難しいかもしれないけど、わける必要ないかもね。知り合いに車イスのレースに出ているひとがいるんやけど、オレたちアスリートと同じなんだよね。

「勝ちたい」、という気持ちが。

それを感じたとき、健常者も障害者もないんだなって、あらためて思った。レベルや目標が違っても、上に向かって、一生懸命頑張ることは、ひとに何か影響を与えます。Maxも影響を与えられるように頑張ります!

コメントする

名前
 
  絵文字