2021年02月08日

学力・体力テスト総合順位を考察。

先日のブログ、

勉強ができる人は運動ができない?運動ができる人は勉強ができない?

は、なかなか反響が高かった。


最後の方にも少し触れましたが、学力・体力テストの総合順位も載せてました。

2019総合順位2


上位は、
優勝:福井県
2位:秋田県
3位:石川県
4位:大分県
5位:富山県

下位は
47位:愛知県
46位:大阪府
45位:滋賀県
44位:神奈川県
43位:北海道


こういう結果でした。

これもまた不思議なもので、

自分のやってきた陸上競技に当てはめてみる。




すると下位のほうが強い!

愛知、大阪なんてめちゃめちゃ強い選手多いしね。

こうなると、

運動能力の高い人と、低い人の差が大きいとも考えられる。

つまりに二極化。

どっちが良いとか悪いとかではなく、

それも含めて平均的に良いのが上位の県となる。

学力テスト、体力テスト、ともに点数が悪いと教育委員会の指導が入る、

なんて話も聞いたことがあります。

体力テストは計測の仕方によって記録もだいぶ変わってくるしね。




ということで、ひとつの数値的判断としては活用できますが、

現実は、これが全てではなさそうですね。





高知ブログランキングに参加していますので、よかったら、クリックお願いします↓

rogo2


高知人気ブログランキング参加中!



Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字