2020年09月14日

ケンケンパが難しかったりする。

昔、と言っても自分が子どもの頃だから、

もう30年以上前の話ね。




地面に◯を書いて、ケンケンパとかしていた。

ルールは鬼ごっこやっけ?

なんだっけ?

その辺はあんまり覚えてないけど、

ケンケンパ!と言いながら、足もそのリズムに合わせて動かしていった。



片足ケンケンて、実は体の軸を作るのに良い運動です。

しかも、昔は遊びでケンケンパをしていたから、

遊びながら運動能力もあがっていたわけです。



今の子たちは、このようなことをあまりしないので、

意外に難しかったりする。



スポーツマックスのスポーツ塾(キッズマックス)でも、

◯を使ったいろんなジャンプをしています。

1


いろんな体の動かし方の経験量に比例して、

運動能力もあがってきます。





型にはめることなく、

とにかくいろんな運動遊びが子どもたちには大切です。






高知ブログランキングに参加していますので、よかったら、クリックお願いします↓

rogo2


高知人気ブログランキング参加中!



Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字