2019年03月08日

この1行が、スポーツマックスという会社の存在意義でもある。

3月2日(土)に、30段の跳び箱大会「ジャンピングマックス2019」が開催されました。

スポーツマックスのイベントに、

いつも徳島から参加してくれるご家族がいます。

板東さん一家。

ジャンピングマックスや、マックスライダー、

短期スポーツ教室など、

そして、マックスライダーでは浜松の大会まで出場してくれました。




そして、今回のジャンピングマックスも、

年中さんの羽菜ちゃん、1年生の眞拓くん、お母さんが出場してくれました。

羽菜ちゃんは新記録で優勝、お母さんも優勝しました。



家に帰って、眞拓くんが日記を書いてくれました。

宿題は1ページだったようですが、今回はなんと9ページ。




そして、日記の内容がとても嬉しく、

我々の想いが伝わっているのかな、と思い

許可を頂き掲載しています。




最後の1行が、とても嬉しく感動しました。





お読みください。

1


2


3


4


5


6


7


8


9



原文

「くやしかったとびばこたいかい」

きのうこうちけんで、とびばこの大かいがありました。
このために、よるはおとうさんと、とびばこのれんしゅうをしていました。
ぼくのさいこうきろくは、きろくは12だんだったので、ほんばんも12だんがもくひょうでした。

はじめにあさ早くいえをでて、たいそうきょうしつでれんしゅうをしました。
ふゆ休みにいったときは、12だんが100かいに1かいとべたぐらいだったけど、
きのうは20かいとんで7かいとべました。

「このままいけば、ほんばんいけるぞ」とひろと先生がいってくれました。
ぼくも「ぜったいとぶぞ」ときあいが入りました。

つぎに、おひるごはんをたべました。
おひるごはんはうどんで、とり天もたべてパワーがつきました。
おいしかったです。

そのあと大かいがはじまるまで、こうえんであそびました。
とびばこがとべるように、しっかりはしりました。
いもうとが早くてまけました。

そして、1じ30ぷんからついに大かいがはじまってどきどきしていました。
先にいもうとがとんで、大かいしんきろくの8だんをとんでゆうしょうしました。
「ぼくもがんばろー」とまたきあいが入りました。

9だんからチョウセンして11だんの1かい目で足があわなくてしっぱいしました。
でも2かい目でしゅう中してとべました。
よかったです。

つぎはいよいよ12だんでした。
どきどきしていました。
1かい目は足がひっかかってしまってしっぱいしました。
2かい目やばいとおもっていました。

ぼくのじゅんばんがきて
「よっしゃいくぞ」
とまたきあいを入れてはしりました。

でもつま先があたってしっかくでした。
くやしくてくやしなみだがでました。
つぎは、ぜったいとびたいです。

さいごに、おとなのとびばこを見ました。
おかあさんは、まえはとべた17だんがとべなくて16だんでした。
いっしょにとっくんしたいです。

おとなの男の人は、みんなどんどんとんで、さいこう26だんでした。
すごくかっこよかったです。

ごほうびによるごはんは、いきなりステーキでサーロインステーキ400グラムをたべました。
ライスとスープもたのみました。
すごくおいしかったです。

くやしかったけど、さいこうの土よう日でした。




最後の1行

「くやしかったけど、さいこうの土よう日でした」





ひとは悔しい経験をたくさんすることで、強くなれる。

これはスポーツの世界だけではなく全ての世界に通用する。

会社を経営していると、日々いろんなことがあります。

しかし、この1行でスポーツマックスの存在意義が再確認出来たように思います。




眞拓ありがとう!

そして、この悔しさを忘れるな。

1 (1)


また、たくさん練習して1段でも高く跳べるように、挑戦待ってるぞ!



板東さん一家、本当にいつも遠くまでありがとうございます!

1 (2)




高知ブログランキングに参加していますので、よかったら、クリックお願いします↓

rogo2


高知人気ブログランキング参加中!



Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字