2017年06月21日

子どもたちの一生懸命の姿を、親にも緊張感を・・・MAXライダー。

日曜日は、第3戦MAXライダー選手権を開催しました。

会場はこちら。

こうち駅前広場。

1



今回も高知県外からたくさんの選手が出場してくれました。

愛媛、徳島、香川、奈良、大阪、兵庫、岡山、広島から、ありがたいことです。

3歳から4歳クラス。

1 (2)


5歳から8歳クラス。

2 (2)




そして、第3戦はMAXらしい仕掛けが。

ひとつめは、こちら。

2 (1)


足場です。

8 (1)


5歳以上のクラスだけでしたが、

ここをガンガン走っていきます。

5 (1)


10 (1)


こんな足場、子どもたちには無理だろう!

なんて言われることもありました。

しかし、子どもたちはチャレンジしていくわけです。

下り坂なんかは最初は怖そうな表情でしたが、

慣れてくると楽しそうに走っていました。

15


子どもたちには、チャレンジする場が大切なのです。



そして、もうひとつは、

スタート方法。

いつもはスタート板を使いますが、今回はルマン方式。

4


11


スタート位置から20mくらい先に立っています。

そこからスタート合図でダッシュし、

スタート地点で親がバイクを保持し、

14


そこで子どもたちがバイクに乗り、

3 (1)


4 (1)


5


6


7


親がバイクを押し出します。



当然のことながら、強く押し出せば加速に乗り、

スピードは上がっていきます。



しかし、少しでもバランスを崩すと転倒します。

さらに親の力が入りすぎると、それでもバランスを崩し転倒します。




MAXライダーは2016年からスタートし、

年間シリーズも含め、10回開催しています。


残念なことに、一生懸命頑張っている選手(こども)がスタートで失敗し、レースに負けると、

罵声を浴びせられていることがあります。

(今後酷いようでしたら、MAXライダーに出場できません)




そんな姿を見ていると、

じゃぁ、親が走ってみたらよいやん。

と、なるわけです。



ま、それは置いておいて、

今回は、選手の緊張感を少しでも味わってもらいたく、

スタートの補助を親にお願いしました。



しかも、練習終わっていきなりね(笑)

だから、みなさんぶっつけ本番です。




もちろん賛否両論あったことだと思います。



そして、予想通り、親が強く押しすぎて転倒してしまったり、

逆に軽く押して、

転倒しているところを、うまくすり抜け勝利する選手など、

いろんな場面を見ることができました。




正直なところいろんな意見をいただきます。




でもね、親にも再確認してもらいたい。

選手たちの一生懸命さを。

いろんな考え方があるのも分かりますが、

スポーツマックスのMAXライダーは、この道を進んでいきます。

「子どもたちが主役」




こんなキラキラ輝いた目を見たら、

それだけで嬉しくなります。

この時期に、

これだけ一生懸命になれるものに出会えて、それだけでも幸せなことだと思います。

22


18


19


20


21






なにはともあれ、

今回のMAXライダーは、これを仕掛けてきたか!

と親子で毎回楽しんでもらえたらと思います。



9 (1)


8


9




失敗したら、

次はこうやっていこう!とか、

これなら行けるんちゃう!?とか、

親子で成長していくためのきっかけの場所になってもらいたい。


13



もちろん我々も課題がたくさんですので、

ともに成長してけたらと思います。





たくさんの方に出場していただき、

本当に感謝しております。



出場した選手の皆さん、

関係者の皆さん、

ありがとうございました。




次の第4戦は、秋・・・かな。

お楽しみに!





[受付中のイベント、採用情報]

1.7月15日(土)土曜夜市にて「ジャンピングMAX2017高知大会」

詳細&申込はこちら


2.8月13日(日)「第2回ジャンピングMAX静岡大会」

詳細&申込はこちら

3.「中途採用・アルバイト」急募中!
  「2017年度新卒者エントリー(随時会社説明、職場体験なども可)」

 採用情報の詳細はこちら




高知ブログランキングに参加していますので、よかったら、クリックお願いします↓

rogo2


高知人気ブログランキング参加中!



Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字