2011年02月02日

高校生デビュー。

昨日の土佐カントリークラブ・キャディーさんの研修・ブログに載せていただきました。

感謝感謝!




ということで、今日の午前中は、本山小学校へ運動を教室をしに行ってきました。

高知市内と違って、だいぶ寒い。

校舎内でも、吐く息が白かった・・・(寒)





場所は、体育館。

ここ、がっつり寒い・・・



けどね、たっぷり運動して、体を暖めたら、寒くないぜぇ〜!




今回は、本山小学校と吉野小学校の1,2年生の交流運動教室。

ということでふたり組みでたっぷり運動します。

5661


初めて会ったとしても、こうやって一緒に体を動かせば、すぐに友達よっ!

これもスポーツの良いところ。

5655


日本だけじゃなく、世界共通だな、これ。



ボールを使った運動もおこないます。

5659





そして、最後の10分で、ついに高校生がデビューです。

5660


あっ、これはふたり組みで、腕を組んで、よーいスタートで一緒に立ち上がる運動。

これ意外に難しいんですね。

体の使い方ってやつです。




高校生。

そうです、先日のブログに書いたように、高校生が職場体験にきております

ふたりとも、高知商業高校の野球部。

そこで、ボールの投げ方を教えてもらいました。

5657




最初にふたりで内容を確認していたものの、思うように展開できていません。

そりゃぁ、そうですよね。

教えるって、簡単そうに見えてとても難しい。







普段の野球部の練習では、きっと“教えて”もらっていると思う。

けど、小学生には、“教える”ではなく、“伝える”という感覚でやってみて!とアドバイス。




教える。

伝える。

このふたつの言葉の違いは難しい。

が、自分の考える“伝える”は、同じ目線に立つということ。

そうすると、こちら側は、より考えて動けるようにもなる。

一緒になって、成長していこうぜ!という意味も含んでね。




まぁ、日本語は難しい。






「練習のときのように、もっと声を出して!」と、スズキに言われながら、頑張ってくれました。

5656




そして、無事に10分の運動教室デビューが終わりました。

ふたりとも「難しかった」との感想。

でも、こどもたちが自分のところにきて、「一緒にやろう」と言ってくれたことが嬉しかった、という感想も。






小学生にとっても、高校生にとっても、もちろん自分にとっても、勉強になった。

日々成長していかなければいけない。

それは、自分自身も、会社も。

そのような意味でも、このような関わりあいは、とっても新鮮に感じる。





運動教室をしながら、小学生のこと、高校生のことを同時に考える。

現代人の特徴は、思考が止まっている!?らしい。

体を動かすって、思考しまくりで(笑)




よし、これも脳が活性化され、若作り!








ランキングが下がってきていますので、よかったら、クリックお願いします↓

blog

高知人気ブログランキング参加中!

Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 門田   2011年02月03日 11:01
半袖・半ズボン・・・。

やっぱり子供は風の子っすね。薄着は体力もつくし、免疫も上がるって、子供のとき喘息持ちやったんで、医者にそーいわれ、薄着でした(笑)

おかげで、喘息はだいぶ改善されましたが、やっぱり見てると寒いですね(笑)

教えてもらうことより、教えること・伝えることって何倍も難しいですよね。指導者というのは本当に凄い仕事だと思います・・・。

2. Posted by ひで   2011年02月03日 23:10
◆門田さん
>半袖・半ズボン・・・。
やっぱり子供は風の子っすね。薄着は体力もつくし、免疫も上がるって、子供のとき喘息持ちやったんで、医者にそーいわれ、薄着でした(笑)

オレもです(笑)
けど、ほんとシャレにならないくらい寒かった。
半袖・半ズボン。
見てるこっちが風邪ひきそうやった。

>教えてもらうことより、教えること・伝えることって何倍も難しいですよね。指導者というのは本当に凄い仕事だと思います・・・。

日々勉強っすね。
答えがあるわけではないので。
終わりなき旅です(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字